なんなんだ、この違和感は!

この国は今や亡国の危機にあります。働き方改革や少子高齢化の問題や過去には無かった諸問題が山積みです。働かずして利を得るなんて本末転倒でそんな不自然なことはありえません。矛盾なき自然で真の正しい考え方は永遠に不変です。近年、世界で日本の教師が一番長時間働いていると問題になっていますが私的には世界で一番働いていることを誇りに思えばいいのではないでしょうか、

 

何故に働き過ぎだけがこんなに問題になるのでしょうか、それは世の中が常に弱者の論理で動いているからです。このような問題が大きくクローズアップされて社会問題になったのが電通の女子社員の自殺でした。確かに新入社員の子にあそこまでのプレッシャーをかけて仕事をさせてその上に誰もがそのことに気づかないのか、それが社風なのか分りませんが死に追いやったことは由々しき問題です。

 

しかし報道はいつも片方の言い分しか書かないし初発の問題はともかくとして最初に書いたみたいに常に弱者のことしか書きません。世の中で通り魔殺人以外はあまり10対0でどちらかが一方的に悪いと言うことはありません。真実は当事者とそれを目撃していた人しかわかりません。私は過去の偉人と言われた人は皆さん人より何倍もの辛酸を舐めて心身共々何倍もの苦痛や挫折を経験してそこから一筋の光を見出し諦めず倒れずにやりきった人たちが人生の成功者になってこられたと思うのです。

 

人を頼り残業のし過ぎですから訴えますよと自分の権利だけを強調して声高々に主張する人を応援するような世間の風潮をいかがなもんかと思いますね、この国ではもう先人たちのように国や人を引っ張るリーダーは現れないでしょう。そうするとどうなるか、このような矛盾だらけの社会で時代が進むと企業もしかり人の精神もしかり行き着く先はこの国が国ではなくなり各自がばらばらな考え方と政策で動くようになり、それこそ、もっとひどい労働環境で働かなければならなくなります。

 

そして凶悪犯罪が多くなり、今より荒んだ社会になり今以上の格差社会になるでしょう。そうなると社会的弱者はまず切り捨てられます。行政が何を言ってもそんな事ができるか、と各企業は反発し、やがて国の崩壊が始まります。まず人が生きていく最初のステップは人のために社会のために人以上の事をするというのが基本です。働きたいけど働けない人を社会的弱者と呼び強いものが弱いものを庇い、助けるのは集団生活を営んでいる動物の世界でも当然なんですが、人間社会は働かない者も社会的弱者の中に組み込んでいるのでそれが問題です。動物の世界ではそのような者は死を意味します。そこをもっと教育や民間の関係機関と行政法規で考えないとだめではないでしょうか、