見送る者の辛さの中に思うこと

2019年も早や4月になりました。今年も新しい期を迎えまた元号も令和と改まり新しい国づくりに期待しておるところでしたが我社で30年強努めていた同志ともいえる社員が亡くなりました。享年64歳でした。最後は癌に侵され病院に行ったときには最終のステージ4でした。彼とは若いときに死ぬほど共に働き今の会社の礎を築いた仲間でした。

 

近年の彼は”昔は良かったです”が口癖であの頃は何もかも仕事が最優先で皆と共に苦労して笑ったり怒ったりしながら心の繋がりがあり生きている実感がありましたとよく言ってました。そんな大変な中でも病気になったり精神が病んだりするものは誰一人いてませんでした。今の時代は朝まで働くとか夜中まで現場で作業するなどありえない時代になりましたが昔のようなきつい労働の中には人間として大事なものがあったと思います。それは心を鍛えるということです。もうダメかもと思うときがあっても最後まで踏ん張り峠を越えれば俺もできるんだ!と自信と根性が付くわけです。

 

それが次ぎに向かう活力になってまた1つ成長するのです。今の時代平々凡々と育った子は理屈で育っているので辛いことや嫌な事があってもそこで踏ん張り我慢するということはあまりありません。それと収入の良いところにすぐ魅力を感じ転職を考えます。今の時代それが悪いと言いませんがそのような連中を見ていても幸せそうな顔は誰もしてません。幸せと感じるのは心が満たされている状態なのですがそれが無いのです。次々と欲求が沸いてきてそこにいけない今の自分の境遇がおかしいと思いまた転職を考えて人生の漂流者になるのです。

 

先人たちで本当の意味で人間として成功(金持ちになったという意味ではありません)なさった方は人の何倍もの苦労と辛酸をなめてこられた人です。そこで初めて人としての本来あるべき姿が解るのです。お金は生きていくのに必要であって真っ先に重要ではありません。そのことを今の子達や親御さんに教えてあげないとダメなのではないでしょうか、古きを尋ねて新しきを知るです。

 

今の教育や制度もまたおかしいです。今月から企業は従業員に5日有給休暇を強制でとらせないと企業にはペナルティーを科せられます。未だ中国では996という働き方です。朝9時から夜9時まで週6日働くと言うことです。この国は働く事が最大の資源です。アラブ諸国のように石油がじゃんじゃん湧き出ているのならともかく、何も資源の無い日本はどこの国よりもよく働き頭を使ってきたので経済大国第2位(今は3位ですが)になったのです。このままではほんとうにこの国は国家存亡の危機です。我社の若い者には不変的な正しい精神論は教えつつ今の時代にあったまともな考え方で納得して日々幸せを感じとり生きていけるように心を鍛えて成長させていきます。