真面目なやんちゃ人間学 ④

真面目なやんちゃ人間学 ④

次のやんちゃ話は、子供の頃に住んでいた近所にそこそこの大きさの池が二つありました。その池には友達とザリガニ捕りや魚を釣ったり、よく遊びに出掛けたものでした。その日も友達といつもの池にザリガニ捕りにいきました。今日は反対側のコンクリート塀の所に行ってみようと、二人で向かいましたがそこは危ないので立ち入り禁止になっていました。

いつも言いますが、ダメといわれるとなにがなんでも行きたがる性分なので、鉄柵を乗り越えて約150cm位の高さがある壁と、人工的に作られた幅が50センチ位のコンクリートの通路みたいなものがありその横はすり鉢状の池です。そして、その壁の上は今で言うJRが走っています。その線路に上がり、レールに耳をあててどのくらいで列車がくるのかを考えながら1円玉や10円玉をレールの上に置いて列車が通過するのを待ちます。

来た来た!と危ないので50cmの幅の通路に伏せて列車が通過するまで身をひそめているのです。その列車が通過する時のゴォーッと鳴る轟音たるものは半端ではなくすさまじいものでした。今から思えばものすごいことをしていたなと身の毛もよだちます。そして、通過した後に残された1円玉や10円玉を見に行きます。なんと!ぺっちゃんこに潰れて大きさも3倍くらいになっています。

これを大事に持ちかえり親に見せたら、また叱られるのでこそっと家の宝物箱にしまっておこうとポケットに入れて持ち帰ることにしました。そしてその後は、その50cmの幅の通路からザリガニ捕りをしていたら一緒に遊んでいる友達のお兄ちゃんがなにしてん?と僕らより体の大きいお兄ちゃんがその幅の狭いところをスリスリと池に落ちないように気をつけながらこちらにくるではありませんか、僕らはザリガニを捕ってんねんと返答をしました。

ここで申し上げておきますが、ザリガニの捕獲は指にタコ糸を巻いて餌は干しするめの足をくくりつけて、ザリガニが引っ張るのを指で感じ取りながらゆっくり引き上げて捕るのです。そうしたらそのお兄ちゃんが僕にもやらせてくれ!と言うのでいややなぁ~と思いながらもお兄ちゃんなのでさせてあげようとした時です。

“ザッブ~ン”と大きい音と水しぶきをあげてお兄ちゃんが頭からもろに池に落ちていきました。僕はびっくりしてなにが起きたんだろうと横にいた弟の友達に聞くとその友達はその様子を一部始終みていたようでそれを聞いて大笑いでした。お兄ちゃんは僕らが釣り上げた空き缶に入れてあるザリガニを見ようと腰をかがめた時に後ろの壁に自分のお尻があたりその拍子に前につんのめって落ちたのです。図解参照してください。

 棒人間

 

 

 

 

 

そこでお兄ちゃんをみると、立ち泳ぎをしながら必死に泳いでいるので僕らはザリガニ捕りのタコ糸をお兄ちゃんに投げて引っ張り上げようとしました。その時のお兄ちゃんの言葉がおれはザリガニか!と言って怒っていました。最後は自分で岸によじ登り事なきを得ましたが、帰ってから僕の友達は腹いせでこっぴどく怒られたと言っていました。

今では楽しい思い出です。(笑)ステージ 完

 

 

真面目なやんちゃ人間学 ③

やんちゃ坊主もステージ③になりました。ますますやんちゃに磨きが掛かってきました。今回のお話は、我家は卸売り市場で家業として乾物問屋を営んでいましたので、家にお店で働いているお兄ちゃんらが4人住み込みをしていました。今から思えば給料日だったと思います。玉子を20個ほど買って来て、大きな玉子焼きを我が家の炊事場で作っていたのです。

 

その当時は、まだまだ玉子は高級品でお腹いっぱい食べたことはありませんでした。その玉子を焼いているコンロの横で、背伸びをしながらずっと見ていました。これだけ見ていたら少しはくれるだろうと思いきや、そのまま出来上がった玉子焼きを自分らの部屋に持ち込み、皆でワイワイ云いながら食べているではありませんか。

 

食べ物の恨みは怖ろしいぞよ、私はすぐに復讐を考えました。我が家の商売は卸売市場業だったので、朝がすこぶる早く近所に住んでいる店の先輩が下宿している4人の部屋に設置してある、目覚ましブザーを家の玄関にあるスイッチで起こすのが日課でした。この悪知恵が働く私は、ここに目を付けました。

 

よし、今夜決行するぞと仏壇の中からロウソクを一本持ち出し、皆が寝静まった夜中に起きて、階段にロウソクをすりすりと塗り付け朝を待ちました。いつもの5時過ぎにブザーが鳴り、店の兄ちゃんらはいつものように慌ててベッドから飛び起き、服を着替えて急ぎ足で階段を駆け下りていきます。

 

私は耳を澄ませ聞いていると、ドンがらがっしゃ~ん!すごい音で家中の皆が目を覚ましてしまい、寝ているのはうそ寝をしている私と、ほんとに寝ている弟だけです。そこで、誰かがロウソクを塗っていたずらをしたということが発覚するまで、時間は掛かりませんでした。

 

ひろゆき!うそ寝をしている私はおばあちゃんの大きな声でびっくりしましたが、寝たふりで“なにぃ”とちっちゃな声でうす眼を開けると、家族のほとんどが立っているではありませんか、これはやばいことになったぞ、この状況を打開するには病気になるしかないと考え、お腹が痛いねんというと“ふ~ん”と怖い顔でまたまた睨んでいるではありませんか、

 

すかさず私はどうしたん?と聞くとちょっと起きなさいと母親が優しく言ってくれるので、“はい”としおらしく起きるとおまえやろ!と兄貴の怒号と共に、兄姉全員にあほ!ばか!の連打で耳をふさぐ有様でした。そのあとは語らずとも皆さんご想像がつくと思います。(笑)ステージ③ 完

 

真面目なやんちゃ人間学 ②

ではやんちゃ坊主のステージ2に入ります。

日頃から何かスリルのある面白い事がないかなと、近所の子供を集めては良いかっこをしていました。その時は、ミゼットというオート三輪車が牛乳配達や新聞配達などに使われていて、あの頃は一世風靡をしていた車が近所に止まっていましたので、その車の荷台の幌に上がりそこからジャンプをして飛び降りるのです。

 

どうや!兄ちゃんはすごいやろ!とチビさんたちに見せていると、兄ちゃんすごいなあ!と尊敬の眼差し見て褒めてくれるのがたまらなく嬉しくて、もう一度飛んでぇ!と言われ気を良くして何回目かのジャンプの時に、幌の骨組みの鉄枠に足が挟まりそのまま顔面から落ちてコンクリートの地面に激突しました。痛たたたたぁ!それでも痛いのを我慢して良いかっこして気取ってチビ達をみたら、全員だれもその場所には居てないではありませんか、皆はびっくりして急いで帰っていったのです。

 

家へ血だらけの顔で帰ると、母親がびっくりして外科病院まで連れて行ってくれたのを思い出します。それで鼻べちゃになったん?とよく言われました。ほっといて!とよく言い返したものです。とにかく怪我は日常茶飯事でした。

 

小学校1年生の時は、学校で先生の笛が鳴るまで校庭で遊んでいなさいというので、喜んで校庭に走って行きました。その当時は校庭に「はんとう棒」というものがあり、長い竹ざおに似た鉄の棒が沢山やぐらの上に突き出ていて下からすがりつきながら登っていく遊具です。

僕はいち早く登り、本来やぐらの上に登ってはいけないことになっていましたが、そこはやんちゃ坊主ですから上にあがり下から登ってくる友達のはんとう棒を揺らして登って来れないように意地悪をしていました。その時です。先生の笛がけたたましく鳴ったのです。下にいている友達はたったと走って先生のもとへ走っていくではありませんか、こりゃ急がないとあかん。と思い慌ててはんとう棒にしがみつこうと思った瞬間、手が滑ってまっさかさまに地上に落ちていき左手首を骨折です。

 

先生と一緒に病院に向かい、治療をして頂き包帯で腕をつって家に帰ると母親が先生に平謝りです。うちの子が迷惑を掛けてすみませんと冷や汗をかいている母親の顔をみて、悪いことをしたと子供心に反省したのを思い出します。でも翌日に、友達がプラモデルをお見舞いにくれたので、こういうのもたまには良いもんやなあとやんちゃ坊主は感じたものでした。すんません。 

(笑)ステージ2 完