2016年を振り返り思うこと・・・

皆さん大変ご無沙汰しております。このブログを更新するのは9月以来になります。少し怠けてしまい、申し訳ございませんでした。今年も残すところ後2日となりました。今年も色んな事がありましたが、世間で起きた今年の重大ニュースはやはり、米大統領選でトランプ候補が勝ち、次期大統領に就任が決定した事があげられます。

 

大半の人がヒラリー候補が勝つと思っていたのが、どんでん返しで負けました。アメリカもフィリピンと同じく従来型の政治よりも、変革を主とした過激な改革を望んだのでしょう。それには多くの危険もはらんでいます。既存のモラルと秩序が破壊され、なんでもがお金儲け最優先でそれも中流階級から上流階級の人たちが潤う政策に変わり、社会的弱者は置いてけぼりを食らう政策です。

 

ますます格差社会になり、いずれ一部の上流階級の人たちが全てを支配する社会になるような気がします。これは欧州にも飛び火する可能性があります。世界的な傾向になればますます世界が我がところが最優先で協調性が無くなり、利益を出すためならまた戦争も始めるかも知れません。そして、日本国内に目を向けるとまず驚きは、東京都の築地から豊洲への卸売市場の移転問題に、オリンピック関連の競技場選定や予算の組み方で今頃になってやっさもっさと言っていることです。

 

本来なら、オリンピックを東京に誘致する際にはあらかた大枠は決めてから、誘致運動はするものと思いますが、我々民間の会社を運営しているものからすると、お粗末過ぎてびっくりです。昔の日本人の事の進め方はこのようないい加減さはなかったように思います。いずれにしても、来年はほんとの意味で良き社会になり、我々の生活も少しは暮らしやすい方向に向かうようになって欲しいものです。

 

今年も1年ほんとうに有難うございました。来年も宜しくお願い申し上げます。感謝