横にはうツタにならないように

私たちは他人の悪口を言ったり、噂話をしてまわることがよくあります。また、悪口や噂話を聞いて面白がったり、時には爽快さを感じたりして一緒になって噂話に花を咲かせることもあります。

しかし、鎌倉時代の高山寺明恵上人は「他人の欠点や過失が気になったり、それに興味を持ったり人の噂話が面白い時は、実は自分の中身がからんと空洞のようになっており、虚ろで潤いがないから他人の過失が面白いのだ」と諭しています。

人の非を見るということは、心の底に優越感や人を見下そうとする気持ちが宿っている裏返しなのです。

「ツタは上に伸びられなくなると横にはうようになる」と言いますが、自分の眼が横のほうに向き他人の過失や欠点、噂話などに興味を持ち始めたら、自分に向上心が無くなっているときだと思って、反省しなければならないと云うことです。心したいものですね。