民族の誇りと使命 ②

皆さんこんにちは、もう7月も残り少なくなってまいりました。躍動感溢れる暑い夏が今年も始まりました。昨年はいつ夏が終わったのか分からないくらい気がつけば涼しい秋風が吹いていました。今年はどうなんでしょうかね、

 

さて先月の話の続きですがこの国の成り立ちは神話の世界からという話ですが元々イザナギノミコトとイザナミノミコトがこの国の創始者でありその子供である天照大神がこの国の頂上に鎮座しておられる神様です。そして八百万の神々が至る所におられると私の子供の頃から言われ続けてきました。家の中ではお手洗いや台所の流し台やあちらこちらに神様はおられると教わりました。

 

だから今でも、お手洗いに唾を吐いたり台所の流しで手を洗ったりは出来ません。小さい頃の教育と言うのは永遠に心に刻み込まれるのです。だから三つ子の魂100までといわれるのでしょう。日本民族は高貴な民で貧乏をしていても人の物を盗むなど卑怯なまねは一番嫌っていましたが、近年はその誇りも失せて人の迷惑も顧みず我がさえ良ければ後は全く構わないという輩が増えてきたように思います。

 

身近なところでは車の運転です。対向車がきて道幅が狭くてこちらが待って対向車に道を譲っても、挨拶ひとつせずにあたりまえのように通り過ぎていきます。私は運転免許を取得して丸41年になりますが、昔は挨拶をするのが9割でしたが今では反対の9割が挨拶一つせずに走り去って行きます。嘆かわしいことです。

 

これはやはり世の中が拝金主義で人の心などよりも金の持ったものが一番の勝者であると勘違いしてしまったことです。あんな紙切れに心を支配されてはなりません。生きていくのに事足ればあとは自分の才覚通りのものが入ってくれば足るを知るでいいのではないでしょうか、そんな欲で不平不満を訴えて心を貧しくするほうが人生馬鹿らしいですよね、世の中の八百万の神々とともに寄り添い人が人であるように生きていけたら最高に嬉しい人生だと思います。